お前のことが好きやったんや

時間が過ぎて、僕のことは忘れてしまっても構わないけれど、僕が今ここに書いている言葉のいくつかをときどき思い出してくれるなら、それより嬉しいことはない(木村学)

私はどっちかというと「承認欲求」より「包摂欲求」が強いかな

承認欲求の話がまたにわかに盛り上がってきていますね。そんな中

承認欲求と包摂欲求ってのがあってだな。/マズロー引くのはやめといたほうがいいよ、ホネットさん引いて

ってコメントがあって、これかなり大事な指摘なんじゃないかなと思いました。

昨日の記事にも繋がりますけど、「承認欲求」って言葉だけですべてを説明しようとするからいろいろおかしくなるんじゃないかという話ですね。(昨日は「マナー」とか「ルール」って言葉だけで電車の中の問題を解決しようとするとかえって対立が起こるんじゃないかという話でした)


というわけで、この「包摂欲求」って言葉は正式ではないかもしれませんが、意識しておきたいと思います。まだよく理解できてないので、あくまで感覚的な話ですが、今のところ私はだいたいこんな感じで認識しています。

承認欲求というのは、出る杭化したい。特別扱いされたい。個性を尊重されたい、という感じ。
包摂欲求というのは、埋没化の希求というか、特筆するものが無くても認められるような穏やかな安心感がほしい、という感じ*1

もちろんきっちり切り分けられるものでもないs、両方が必要なのだと思いますが、私なんかは、自尊感情があまり高くないので現時点では、まず「包摂」を求める感情が強いです。あんまり一発逆転求めないで、まず確かな足場がほしいというか。


池田さんは私がこの記事で「包摂欲求」と読んでいるものを「下位承認欲求とコモディティ化願望」と表現されていますね。

どうも僕は「下位承認」への欲求が強いようである。私なんかがいなくても良い世界。私の行動なんて何も影響しないという前提が浸透した世界を望む――それはもちろん「そうではない」という肥大化した自己評価に基づいており、自己評価は劣位感が引き起こしている。

http://bulldra.hatenablog.com/entry/2013/12/27/181238

これ、微妙に「包摂欲求」とニュアンスが違っていて面白いです。











あとはメモです。この問題は簡単に結論出ないでしょうから、まったりと考えたいと思います。

*1:この定義だと包摂の方に「承認」も含まれちゃって包摂最強になってしまうので、本当にきっちり対比関係にするなら、「何者かにならなくても排除されたり殺されたり理不尽な仕打ちを受けないという、最低限の生存権や安全が確保されること」くらいが良いかもしれません

続きを読む

凪のあすから 14話  「三つ葉の結びめ」歌詞

今期は今のところ、ノブナガンのEDと凪のあすからのOP、EDが好きです。

第2クールのED曲もやなぎなぎさんです。タイトルは『三つ葉の結びめ』ですが、これは幾何学的な話になってしまうのでどういう捉え方をすれば良いのか、早く聴いてみたい

http://minkara.carview.co.jp/userid/517051/blog/d20131230/


というわけで、歌詞。

リボンの言葉であやとりして 上手に出来たと笑ってみる
得意なのは 誰にも気づかれないように 心押し殺す事 それ一つだけ
ベルトに巻く綺麗なループは 柔い力で 手繰り寄せてくれるから
鮮やかに結んで この気持ちごと 離れないように、固く固く
ひと結び 人も結んで 期待の止まない先へ 明日へ向かう

うーん、まだ幾何的な意味は特になさそうですね。アルバムでるまで待機。



□結びミツバ

昔から、お雑煮に結びミツバ結びが入っていると、一年の縁起がよくなるとされてきました。この言葉、結びとミツバの字をひっくり返すとミツバ結びとなりますが、かたく結んでほどけないというミツバ結びの形が、指輪やネックレスなどのモチーフとしても人気があります。ここでは食用のミツバではなく、クローバーの三つ葉が語源となってはいますが、どちらも〝縁を結び、幸せを結ぶ〟という同じ願いが込められている

http://eco-cooking.jp/shokusai/mituba/index.html

ちさきは一度途切れた仲間たちとの縁を結び直すことができるのか。
あるいは、みうなは海のみんなたちとつながることができるのか。

春に萌え出ずるミツバに、哀愁の色を見た歌人がいました。「わがうれひ春の野蜀葵(ミツバの意)をしろがねの盤にそろへてきざみたるかな」折れてしまいそうな鉄幹の心が、ミツバの茎に重ねられています。

ミツバ結びをするさい、一度茎をおらなければいけないわけで、これに耐えられるかあたりが試されますね。
13話の時点で一度茎がおられたような状態になっているわけで、ここからが大事。


□結びミツバの作り方

三つ葉をひと結びしたものを「結び三つ葉」と呼び、主に吸い物のあしらいなどに用いられる。三つ葉を熱湯にサッとくぐらせ、冷水につけて冷ます。茎の部分を軽く半分に折り、ひと結びする。

http://www.ehealthyrecipe.com/recipe-webapp/ecook/k0060.php
続きを読む

ergオタによる車輪の下感想 その1

まずはあっさり目に。

主人公のハンスにだけ注目して物語を読むと、学業は優秀だけれど、受身的で、しかも世間擦れしてなくて純粋な感じの少年が、周りの人間の影響で自分の感情にむりやり目覚めさせられ、それに翻弄されている間にあれよあれよと流されて行ってしまうみたいな話のように受け取れてしまいました。
少年が主人公だからいいのかもしれないけれど、少年が精神的にレイプされまくってるような印象であり、微妙にエロい感じがしたのは、多分私の魂が腐っているからだと思います。




車輪の下」の主人公のハンスくん、結構面白いです。




最初は面白くない感じです。優秀だけど、内発的な動機は薄いキャラのように見えます。
周囲の期待に答えて成果を出し、その見返りにひそかな功名心を得ることを喜びにしてるようないわゆる優等生、って感じです。周りの期待に応えるために、好きな釣りを諦めたりしようとするあたり、自分より周りの方が大事というか、自分をあまり強く出せないようです。
周りが与えてくれる名声を失うことを恐れていて、成果がでなさそうだと途端に意気消沈してしまうし、自分の存在価値がなくなったかのように感じてしまう脆さがあります。 




これが、ハイルナーとの、強引に唇を奪われるところから始まった友情(BL?)に目覚めると、それが彼を動かす動機になります。 以前だったら考えもシなかっただろうに、学校に逆らってでもその友情を守ろうとする。 もっとも、この作品においてはハンスくんが目覚めた自分の意思など学校に敵うわけがなく、あっさりその闘いは敗北で終わりますが。それでも、人ってひとつのきっかけでこうまで変わるものだなと驚きます。




それより面白いのが、後半の性欲…というと言い過ぎかもしれないので情欲、を持て余してるハンスくん。エンマとの関係で、恋をすっとばして異性に欲情することに目覚めさせられたハンスくん、エンマにフラれちゃった後、その感情をまた持て余してしまいます。 その結果どうなるかというと、街中で恋人をみつけてはストーキングするというかなり奇天烈な行動を取ってます。 多分、キリスト教とか、時代背景とかとっぱらって、今の日本の舞台でこの主人公を再現したら、オナニーしてる描写とかあったんじゃないでしょうか。



落合尚之さんが「罪と罰」を日本を舞台に再構成したマンガ作品を描かれて、これがべらぼうにおもしろかったので、「車輪の下」も是非誰か挑戦していただけないでしょうか。




それでまぁ最後の展開ですが…。わたし的にはいきなり物語に強制終了させられたように感じました。「な ぜ 殺 た し 」というコメントを付けたい気分です。 もちろん物語的に「この先」は無いのはわかりますが、だからといって殺さんでも。 普通の人は、この状態になってから生きるわけで、私もむしろ、ここから人はどうやって生きるのか、それでも死を選ばなければならないのはどういう事情なのか、とかそういう話を期待していました。 ヘッセ本人のエピソード(ピストル自殺未遂)などを知っていると、かなり肩すかしを食らったような気分になります。 


ここはどう解釈していいのかわからないので読書会での他の方の意見に期待しています。 個人的には、この死にはそれほどあまり深い意味を持たせたくないような気がしますね。



【余談】
昨日の記事では「承認欲求」とか「包摂欲求」の話をしました。私は前からちょくちょくこの言葉について言及してます。ではなんでこれを気にするのかというと自分が、自分の人生にたいして動機レス、とまでいかなくとも動機薄い人間だという自覚があるからです。なんらかの欲求を自分の中に見出して、それを動機として見出したいわけです。恐怖とか、不快を避けることも行動の理由になりますが、できるなら、欲求に駆動されるような生き方に憧れてるわけです。「欲求を欲求してる」みたいな。めんどくさい。



そんなわけで、物語読むときの目的の一つとして、いろんな人の動機とか欲求が呼び覚まされる瞬間とか、それによって人がどう変わってしまうのかを見たいというのがあります。




車輪の下」は、露骨に承認欲求をめぐる話であるようにもみえるし、そこから抜け出すきっかけのようなものも提示してるけれど、最後にブツリと切られてしまうので、消化不良な感じがする